自動車任意保険

▲▲ 時間とお金をダントツに節約したい人向け ▲▲

自動車任意保険とは?

自動車を購入した時に考えなければならないのが自動車保険です。
自動車保険には、自動車損害賠償責任保険(自賠責)と任意保険があります。

自賠責は運転者に加入が義務付けられる保険です。
これは被害者に対して最低限の補償をするものです。

 

 

自賠責だけでは足りないものを任意で加入するのが任意保険です。
大きな事故を起こした場合、自賠責だけでは補いきれない事が多いため、加入する事が一般的です。

自賠責では被害者の怪我や死亡など対人の最低限の補償しかないが、任意保険では、対物、車両を補償するもの以外にも、レッカー代を補償する制度や代わりの代車を出してくれるもの、自動車に積載している私物なども補償する制度など幅広く取り揃えています。

 

しかし、様々な補償を付けるとその分契約金額もあがってしまうので、自分に合った保険の内容を吟味する必要があります。
が、割引制度も色々とあるので上手く活用してほしいと思います。

任意保険は若年層は非常に高額になります。
これを理由に任意保険に加入せずに運転をしたり、金額を安くするために保険の内容を削って安い保険に加入するなどを考えるならば、自動車を運転すること自体をどうするか考えた方が良いかもしれません。

 

なぜならば、自動車事故は大事故になる可能性が非常に高いためです。
自賠責でも最低限の補償をしてくれますが、大事故の場合、数百万円、数千万円の費用が掛かる事がよくあります。

この様な事態になると、一生付きまとう問題にもなりかねません。

 

このような事態を避けるためにも、任意保険の加入に対しては前向きに、充実した内容のものに加入することが望ましく思われます。

元自動車販売営業がオススメする自動車保険の見積もりはこちら

自動車任意保険とは?関連エントリー