自動車任意保険 等級

▲▲ 時間とお金をダントツに節約したい人向け ▲▲

自動車任意保険の等級

等級制度とは無事故で保険を使う人程割引率が高く、事故をよく起こし、保険をよく利用する人には割引率が低くなり、時には割り増しされる制度です。
つまり、無事故で安全な運転をする人ほど保険料を安く抑えられる制度ともいえます。

 

自動車の所有台数が9台以下の時の契約では、1等級から20等級までの区分に分かれています。
それぞれの等級区分により保険料が割引されたり、割り増しされる制度です。

 

初めて契約する場合は、6等級からのスタートになります。
無事故の場合、等級は1年に1度1等級ずつ上がっていきます。

この等級での割り引きはありません。
反対に、年齢制限の下限を下げていくと割り増しになる事もあります。

 

契約の形態によっては、7等級からのスタートも可能です。
これは複数所有新規という形態をとった場合です。

その他にも、契約が初めてでない場合は、前回使っていた等級からもう一度始める事も可能です。

割引率は保険会社によって異なるのでそれぞれ調べる必要があります。
20等級では、60%の割引が受けられます。

等級が下がると割り増しになります。

 

等級は1年間無事故だと1つあがりますが、1年に1回事故などで保険を利用すると3等級下がってしまいます。
使う保険の種類によっては、来年度は3等級下がらずにそのまま据え置きになるものもあります。

 

また、保険を使っても、ノーカウント扱いになり翌年度には1等級上がるものもあります。
据え置きになるものは、主に車両保険で一定の条件はありますが、火災や爆発、台風、洪水、いたずらなどです。

ノーカウントになるものは、ファミリーバイク特約のみ、弁護士費用等補償特約のみ、人身障害、搭乗者障害のみに係る事故の場合などがあります。

元自動車販売営業がオススメする自動車保険の見積もりはこちら

自動車任意保険の等級関連エントリー