自動車任意保険 示談

▲▲ 時間とお金をダントツに節約したい人向け ▲▲

自動車任意保険の示談

示談とは、簡単に述べると、自動車事故を起こし、保険を使わないで、その場で話をまとめてしまったり、当人同士でいくら相手に支払うべきかを決めてしまったりすることをいいます。

 

基本的には、自動車保険に加入していれば、間に保険会社が入るので相手と直接交渉したりすることはほとんどないのですが、事故を起こしたときに、保険会社へ連絡を入れる前にそのような話しになり、高額な請求をされてしまうこともあるようです。
極力示談はさけて、保険会社や弁護士などのプロにおまかせしましょう。

基本的に自動車保険に加入していて自動車事故を起こした場合、保険を使います。
まずは、警察へ連絡し事故の報告をいれ、そのあとに自身の契約している保険会社へ連絡をいれると、保険会社から指示をしていただけます。

 

基本的に相手には、保険会社に任せてあるのでと伝えると良いでしょう。
これで知識がなくてもプロの保険会社が相手との交渉をしてもらえます。

 

しかし、同じ自動車事故でもある条件のの時にだけは、保険会社は全く動けません。
それは、こちらが完全に静止している状態で相手に追突、衝突された場合です。

このような完全に相手の責任にあるときは、保険会社は動いてくれませんので、相手と示談する必要があります。
ただし、このときは、相手の保険会社が10割を補償してくれるので問題はあまりありません。

 

問題があるとすれば、相手が保険に加入していないときです。
このときは、当人同士で示談しなければなりません。

しかし、通常このようなケースでは相手側が完全に補償するべきですので、まだ示談はスムーズにまとまるかもしれません。

元自動車販売営業がオススメする自動車保険の見積もりはこちら

自動車任意保険の示談関連エントリー