自動車 任意保険 車両入替

▲▲ 時間とお金をダントツに節約したい人向け ▲▲

自動車任意保険契約の車両入替

自動車を2台所有するときにはセカンドカー割引として複数所有新規契約がありますが、場合によっては、車両入替をすると2台分の保険料を合計した時に、より安くなることがあります。

 

車両入替とはその名の通り、自動車にかけている保険を入れ替えることです。

 

では、いくつか具体例を挙げて考えていきます。

 

 

A車、B車の2台を持っている人がいます。
新たにC車を購入しました。

ここで通常ならC車に新規で保険契約するのが普通です。
しかし、車両入替することにより少し内容が変わってきます。

 

まず、A車にかけている保険を新たに購入したC車に移します。
そしてA車に新規で保険をかけます。

これが車両入替と呼ばれる手続きです。

 

では、これをした時にどのようなメリットがあるのでしょう。

例えば、現在A車にかけている保険は、30歳以上の契約で20等級とかなり安い保険だとします。
次にB車にかけている保険は、30歳以上の契約で10等級だとします。

そして、この家族の20歳のお子さんが新たに車を購入し、保険をかけるとします。

 

すると、20歳なので年齢制限は大体が全年齢となり、非常に保険料があがります。
複数所有新規の契約でも7等級なので、少し割引があってもそれでもまだかなりの高額になります。

 

ここでA車の20等級の保険をC車に車両入替し、年齢制限を変更すると、全年齢の20等級となりかなりの割引がうけられます。
そしてA車には、複数所有新規契約で30歳以上の年齢制限で7等級で保険に加入します。

 

すると、こちらは30歳以上の時点でかなりの割引がありますので、7等級でもさほど高額にはなりません。
この時、3台合わせた保険料は車両入替する前と後では、車両入替した方が安くなることもあります。

元自動車販売営業がオススメする自動車保険の見積もりはこちら

自動車任意保険契約の車両入替関連エントリー