自動車 任意保険 新規

▲▲ 時間とお金をダントツに節約したい人向け ▲▲

新規の自動車任意保険契約

自動車を運転するにあたり、ほとんどの人が任意保険を契約します。
全く初めて任意保険に加入する人を新規で契約するといいます。

 

契約するにはまず、運転する自動車が決まっていないとできません。
自動車1台につき任意保険を1つ契約する形になります。

契約のタイミングとしては、自動車を購入した時点、また譲り受けた時点で契約をしておかなければなりません。

 

では、契約とはどのようにするのかを見ていきましょう。
主に、契約の仕方は2つにわかれます。

@代理店で契約をする。
代理店とは、主に自動車を購入した会社です。

自動車を販売している会社は、ほぼ任意保険を販売する代理店契約をしています。
自動車の契約が終わると、次に任意保険の契約をあわせて行う所がほとんどです。

この時に担当の営業マンからしっかり話を聞き、どのような保険に加入するかを決めます。

 

保険内容が決定したら、保険をいつからかけるかを決めます。
大体は納車の日にあわせて保険の開始日を設定します。

ここで注意しないといけないのが、納車日に保険を開始するように設定したとしても、午前10時以降、午後4時以降など、時間が設定されていますのでその時間以降に納車時間をあわせなければなりません。

 

保険の開始日を設定したら申込書に押印し、お金を払い、領収証と保険の約款、申込書の控えをもらった時点で、契約成立となります。
お金を払わなければ、申込書に押印していても契約したことにはならないので注意が必要です。

支払いは一括だけでなく、分割払いも選べます。
また、保険会社や保険の専門の代理店で契約することも可能です。

 

 

Aインターネットや電話で契約する。
基本的には、上記の代理店契約と同じですが、インターネットの場合は自分で保険の内容を判断しなければなりません。

新規契約の場合は、すでに保険に加入している人と相談しながら決めるか、電話での契約をおすすめします。

元自動車販売営業がオススメする自動車保険の見積もりはこちら

新規の自動車任意保険契約関連エントリー